Makotokiln

Kajiki clay



薩摩焼の発祥地である加治木町の
鉄分を豊富に含んだ粘土の特徴を活かしつつ、
試行錯誤の末、他の粘土と調合する事で
独特の美しい仕上がりの陶器へと焼きあがりました。
焼き締め部分を残すことにより
土本来の懐かしい表情を感じ取る事ができます。
手仕事ならではの温かみを感じられる器をお楽しみください。